鍼について

鍼灸とは

「はり(鍼)」や「きゅう(灸)」を使って全身の調整を図るのが鍼灸です。
人の体には365カ所のツボがあり、このツボに「はり(鍼)」や「きゅう(灸)」によって刺激を与えることで、血液の循環をスムーズにします。鍼灸は痛みを伴うイメージを持たれる方が多いと思いますが、実際には痛みのある部位に鍼灸を行っても痛みが伴うことはほとんどなく、逆に心地よい感覚を伴います。また鍼灸は、体質そのものの見直しを目指す手段としても対応します。


鍼 ~はり~


鍼灸のうち、鍼についてご紹介いたします。使用する鍼はステンレス製で0.16mmと細く、これを円形の筒に通して経穴(ツボのこと)に打ちます。その際、痛みが伴うことはほとんどありませんのでご安心ください。また、鍼は使い捨てですので衛生面からもご安心して、鍼をお打ちいただくことができます。

灸 ~きゅう~


鍼灸のうち、灸についてご紹介いたします。灸は、もぐさを使って経穴に熱の刺激を与える施術のことをいい、その方法は皮膚に直接灸を乗せる場合や、もぐさと皮膚の間をあける場合などがあります。当院は、もぐさと皮膚の間に空気を介してツボを刺激する温灸です。熱さを感じることなく、灸の痕も残りません。

小児鍼について

乳幼児特有のお悩みに対して行う鍼です。鍼を体に打つのではなく、丸い金属の棒の器具を皮膚に軽く押し当て、さするようにします。もちろん、痛みが伴うことはありませんのでご安心ください。マッサージのような感覚ですので、途中に眠ってしまうお子さまもいるほどです。