保険適用について

健康保険を使うことが出来ます


鍼灸治療は健康保険を使うことが出来ます。慢性的に痛みのある疾患に健康保険が適用されます。

1.神経痛 (頭・顔・胸・手・足など神経にそって痛む)
2.リウマチ (手・足などの関節が腫れて痛む)
3.頚腕症候群 (首・肩・腕の痛み、しびれ等) 
4.五十肩 (肩関節が痛く、腕が上がらない)
5.腰痛症 (腰が痛む、重い)
6.頸椎捻挫後遺症 (一般にいわれるムチウチ症)

手続きの方法

上記の病気で保険治療を希望する人は鍼灸院に保険証を提示し、同意書用紙をご請求ください。
上記の病気で直前に治療を受けていた病院へ行き、同意書用紙に記入、押印していただいてください。
同意書を頂いたら、直ちに保険証と印鑑を持って鍼灸院へご来院ください。

同意書とは
医師が診断した結果、保険で「はりきゅうの施術」を受けられることを認めた書類です。
同意書用紙は鍼灸治療院に備え付けのものをご使用ください。


保険による治療期間

同意書の有効期間は、3ヶ月です。
3ヶ月を超えて、はりきゅうの保険治療を希望する場合は、もう一度、最初に同意書を頂いた医師に確認をとれば、更に3ヶ月有効となります。
またその後は3ヶ月ごとに医師に確認をとれば症状が改善するまで、はりきゅうの治療を続けることができます。
治療回数の制限はありません。治療を受けている、鍼灸師の指示に従ってください。

併用治療は

鍼灸院での保険治療を受けている期間中は、同じ病気で病院、医院の治療や投薬を受けることができません。

手続きは

保険申請はすべて鍼灸院で行います。保険証と印鑑を必ずお持ちください。
なお、委任できない保険者については本人請求となります。

その他

労働者災害補償保険(労災)、自動車損害賠償責任保険(自賠責)、生活保護法による医療扶助の施術、学校健康会の災害共済給付など、はりきゅう保険のご相談はお尋ねください。